Home > お知らせ > 人の命は葦草のごとく…

人の命は葦草のごとく…

 古事記は謎が多い書物だという。そもそも文字を持たなかった古代の日本人が口伝によって言い伝えられてきた事柄を漢文という 外国語で書き記したわけだから当然といえば当然である。稗田阿礼が何者で、そのとき太安万侶がどんな考えで書き記したのか、本当の ところは誰にもわからない。しかし、わからないからロマンが生まれ、そこに想像する余地が与えられる。これが古事記全体を流れる大きなエネル ギーとなって読む者に何かを伝えようと語りかけてくるのではないかと思う。続きはこちらへ →

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://iryou-shimpo.com/wordpress/wp-trackback.php?p=140
Listed below are links to weblogs that reference
人の命は葦草のごとく… from –生活の中の医療をテーマに– 「医療新報」です

Home > お知らせ > 人の命は葦草のごとく…

PICK UP
メディアサボールへのリンク
医療介護ニュース速報
広告

このページのトップへ