Home > お知らせ > 痛みの治療に生涯をささげたプロレスラー

痛みの治療に生涯をささげたプロレスラー

 1994年8月15日、痛みの治療にその生涯をささげたワシントン大学のジョン・ジョセフ・ボニカ教授がこの世を去った。「鎮痛法の父」とも呼ばれ疼痛の臨床を勉強する人なら必ず一度は目を通すであろうといわれる名著「The Management of Pain」を著したことでも有名な麻酔科医である。このボニカ医師にはジョー・ブル・ウォーカーというもうひとつの名前があった。彼は医学生のころ、なんとプロのレスラーとしても活躍していたのである。)続きはこちらへ →

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://iryou-shimpo.com/wordpress/wp-trackback.php?p=149
Listed below are links to weblogs that reference
痛みの治療に生涯をささげたプロレスラー from –生活の中の医療をテーマに– 「医療新報」です

Home > お知らせ > 痛みの治療に生涯をささげたプロレスラー

PICK UP
メディアサボールへのリンク
医療介護ニュース速報
広告

このページのトップへ